« 開成町で『小田原大海嘯全図』を見る | トップページ | 梅雨到来、五鬼襲来! »

忠犬・たまの墓

開成町での歴史展示会のつづきを一つ。

絵図のほかに興味を抱いたのが、こちら「老犬・多摩の墓」実寸模型。
Dscn1325
実物は、南足柄市の大松寺にある明治時代の墓碑。

裏面に由緒があり、その現代文が前に展示されていました。
その内容はこういうものでした。

明治11年、多摩郡の人が犬を連れて富士登山の帰路、大雄山最乗寺に参詣した。
しかし、犬が疲労して動けなくなってしまい、寺に預かってもらったという。
犬は寺の世話のかいあって元気になり、良い番犬を務めるようになった。
その後、無事主人のもとへ連れて帰されたが、再度お礼に主人が大雄山に参ると、住職から犬を褒められ、もし犬に子供があればもらい受けて飼いたいと申し出があった。
翌年3月、子犬は人に背負われ(主人か使用人かは不明)、馬に揺られてやってきた。
子犬は寺の衆に可愛がられ、中でもよく面倒を見ていた橘氏に懐くようになった。
同年、橘和尚が隠居するとその家に移り住み、よく番犬を務めたという。
しかし、明治21年11月、犬は病にかかってしまう。
和尚は獣医に見せて診察を乞うものの、今度は本人が病に倒れて帰らぬ人となってしまった。
犬は看病のかいなく、11月25日、主人の後を追うように亡くなったという。
犬は、忠犬ぶりを讃えられ、信忠と法名を授けられた。

「こんな事があったんですねー」
と展示の横にいた人に言うと、
「渋谷のハチ公よりも昔の話なんだよね」

犬と人との関わり合いの歴史の話も、全国から集めたら膨大な数になるんでしょうね。

南足柄市のたまの墓、そのうち訪問してみたいと思います。

|

« 開成町で『小田原大海嘯全図』を見る | トップページ | 梅雨到来、五鬼襲来! »

石仏・石塔など」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

ホラー・不思議・神秘的」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開成町で『小田原大海嘯全図』を見る | トップページ | 梅雨到来、五鬼襲来! »