« 北条五代の扇子 | トップページ | 馬博と根岸歴史散策 »

四万八千日詣り

今年も参拝に行く事が出来ました。
私は自宅近くの飯泉観音こと飯泉山勝福寺(坂東三十三所観音霊場5番札所)に参拝しています。
238902
日中、ようやく西陽眩しくなってきた午後4時頃に時間を見つけてお参り。

一度の参拝で四万八千日分の参拝をした功徳を積めるという、お盆前の観音様まいり。
関東では四万六千日とか四万九千日とか色々ありますが、関西ではどうなのでしょう。
京都清水寺の千日詣りは有名ですが、遠隔地に行く程に功徳のスケールが拡大したのでしょうか(笑)
そもそもどうして積善功徳の倍増デーなどというものがあるのか?
よく分かりませんが、お盆の時期に重なるというのが良いのでしょうね。きっと。

お盆が故人を想い共に過ごす日なら、この四万八千日は現世救済の観音様に家内安全・健康を感謝・祈願する日とでも言えましょうか。また、自身が他人の為にどれだけ助けとなれているかを省みる日でもありましょう。
と言っても、時間を割いてまで毎年行こうと意識し出したのは、ここ5・6年ほどです。


昔は門前の通りまで露店が並んだそうですが今は僅かばかり。
238903

昨年(↓)までは店の辺りにまでサルスベリの花が満開で見事したが、今年は目立ちません。剪定したのかも。
36


観音堂横では、土俵飾りが片付けられている所でした。
2389011
小一時間ほどまえまでは子供相撲が行われていたとの事。(惜しい、これは見てみたかった)

燈明をあげて観音堂へ参拝。
238907

今日は内陣が開扉されて前立ちの観音さまが拝めます。
238905
子供の頃から、お正月やだるま市の度にお会いしてる一番親しい観音さま。
まだ(写真でしか)お会いした事のない秘仏ご本尊さまと共に、試験のことから病気平癒まで、色々とお世話になっています(笑)

ちなみに、ご本尊(十一面観音立像、平安地方仏、県指定文化財)は、三十三年毎のご開帳。
前回の開帳は昭和56年。私は小学生でしたが残念ながら見ていません。
次は三年後の平成27年なので、もうすぐ。今から楽しみにしています。

お堂のなかでは、この日も巡礼の方が一人参拝・読経しておられました。
まだ若い男性で、白衣ではないものの金剛杖持参の真摯な参詣。
個人で回られているようで、もしや歩きで全行程回られているのかと大変興味深く思いましたが、時間が無かったので声をかけませんでした。

坂東三十三ヶ所、私もまだ満願していません。
ツアーは使いたくないので、なるべく徒歩と公共交通で巡拝していきたいと思っています。
巡礼道のおもむき残っていない場所は少なくないようですが、石の道標といったかつての信仰遺跡は点在しているはずですし。何より、色んな人と出会って話したりできるのが単独行の良い所です。

巡礼といえば、飯泉観音には四国霊場お砂踏みのミニ霊場もあるので、参拝のたびに3~5ヶ寺巡礼しています。
2389019
今日で23番の薬王寺と鯖大師まで来ました。
徳島県霊場もようやく終わりです(笑)

|

« 北条五代の扇子 | トップページ | 馬博と根岸歴史散策 »

神社仏閣・霊場巡礼」カテゴリの記事

季節・歳時記的な」カテゴリの記事

(寺の)開帳・特別公開・特別行事等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北条五代の扇子 | トップページ | 馬博と根岸歴史散策 »