« 湘南ひらつか七福神 写真 (中編) | トップページ | 北條氏政氏照墓前祭 »

湘南ひらつか七福神 写真 (後編)

七福神も残すところあと二か所。
Dscn2709
毘沙門天担当の春日神社さんは、平塚宿の鎮守のお社。
旧東海道からは北に奥まった場所にあります。

歴史は古く、もとは黒部宮(くろべのみや)といって、現在地のほぼ真南、平塚市黒部丘にあったそうです。
社務所でうかがった話では、花水川の岸近くにあったのが、水害に遭いやすいとの理由で現在地へ遷されたらしいとのこと。『吾妻鏡』に記された「黒部宮平塚」というのが、文献上で初見される平塚の地名で、宿の成立にも関わるお宮なのかもしれません。
源頼朝が、妻・北条政子の安産祈願に神馬を寄進した寺社の一つでもあります。

Dscn2731
この辺りは空襲の被害から免れたのでしょうか。社殿や石垣には時代を経た風格が感じられます。
また、境内には鐘楼があり、習合時代の面影も。

境内には天満宮、龍宮社など幾つかの末社。
それぞれにオリジナルののぼり旗が奉納されており、なかなかカラフルです。
龍宮社は、山の龍神さんと海の龍神さんそれぞれが別のお社に祀られていました。

天満宮の隣に新築のお堂が建ち、そちらが毘沙門堂。
Dscn2715
建物は神社っぽく流造りのようですが、ちゃんと“お堂”と書いてあります。
数珠やおりんまで置かれ、完全に仏式。
由緒書によれば、かつての別当寺・廣蔵寺(古義真言宗)に祀られていた多聞天に倣ったとのこと。
これは、神社側の方が習合時代の信仰を進んで再現するのは珍しいと思いました。
(大山みたいに完全に別組織になってしまうと難しいのでしょうが)

Dscn2711
お堂は開扉されており、毘沙門さんと、その妻・吉祥天、息子代表の善膩師童子(ぜんにしどうじ)の三尊像を拝む事が出来ました。
この時は七福神イベント期間という事で拝観叶いましたが、普段は奇数月の初寅日にご開帳とのこと。

七福神などで神社が毘沙門天を担当する場合は、それぞれの流儀が見られて面白いですね。
大黒さんや弁天さんは、大黒天=大国主命、弁財天=市杵島姫命、というのが習合時代からの通例のようですが、毘沙門さんはそういうの無さそう。

参考までに今まで行った神社系の毘沙門天の場合を見てみますと…

箱根、駒形神社の毘沙門天社(箱根七福神)
・・・毘沙門天として祭祀。

藤沢、白旗神社の毘沙門天像(藤沢七福神)
・・・毘沙門天として祭祀?(開眼されているようですが、相殿祭神としては記されていない)

鎌倉、白山神社の毘沙門天
・・・相殿して祭祀。本来は主と末の関係であった毘沙門堂と白山社が逆転した形。

東京日本橋、末廣神社(日本橋七福神)
・・・武甕槌命を毘沙門天として。

東京麻布一本松、氷川神社(港七福神)
・・・毘沙門天との相関は明記しないが、祭神は素盞嗚尊・日本武尊。
朱印で頂く毘沙門天御影は、日本神話的なお姿。

と、まちまち。私が気にしても仕方ないのですが(笑)。
逆に恵比須さんをお寺が担当する場合もありで、新たに札所として担当する場合はそれなりの由緒を出してあげたりと、寺社さん方のご苦労もあるかと。
現世利益の神々だけに、由緒の有る無しで箔の出方が違うというか、参拝者の数にも差が出そうな気がします。

春日神社の社務所では、親切な女性神職の方が色々と話をしてくれました。
神社や歴史の事など、また改めて参拝の折に聞いてみたいと思います。

朱印を頂いている間、今日はじめて七福神めぐりの方と出会いました。
ご夫婦で車で回られているようでした。


そして、いよいよ最後の妙安寺。
しかし、満願する前に、平塚宿の遺跡めぐりを少しばかり。

平塚宿の京方見附跡は春日神社からほど近く。
Dscn2737
ここからは広重の東海道五十三次の平塚宿に描かれた高麗山を眺める事が出来ます。

古花水川に沿って街道を海側に少し入っていくと、相模薬師霊場10番札所の薬師院がありました。
今となってはお薬師さんを拝むことはできませんでしたが、本堂前の蓮の花が迎えてくれました。
Dscn2745
ここも弘法大師ゆかりの古刹で、(かすれて読み難かったですが)門前の由緒書によれば、かつて金気多く飲用に適さなかった湧水を大師が清水に変えたという霊地であるそうです。
水や温泉に関わる大師伝説は本当に多いですね。

再び街道に戻ります。
次に目に入ったのは、こちら平塚市消防団第一分団の詰所。
Dscn2751
広重の平塚宿の絵と、海鼠(なまこ)壁風の装飾が目を引きます。
ここは、平塚宿の西組問屋場跡ということで、団員達の愛郷心が感じられるようです。
加えて、火の見櫓状の防災無線塔が何とも言えない味わいを醸し出しています。

宿場関係の記念碑はこのほか、本陣・脇本陣・東組問屋場・高札場があり、
Dscn2758
(本陣跡)

Dscn2759
(高札場跡、道路向こうに東組問屋場跡)

Dscn2765
(脇本陣跡)

宿の東端には江戸見附跡。
Dscn2791

これらのほとんどは、平成13年、江戸幕府の東海道制定400周年を記念した「東海道ルネッサンス事業」の際に設置されたもの。神奈川銀行前の本陣跡の碑は当時既存だった為か、同企画の碑は見あたりません。
でも、こういうのはやはりお揃いで欲しい。今更ではありますが。

この「ルネッサンス」イベントの時は、小田原でもシンポジウムというか各宿場の交流会みたいなのがありまして、私も仕事で参加しました。盛り上がりの度合いは地域によって様々でしたが、各地の観光パンフを眺めていると、実際通しで歩いてみたいと思いました。
“東海道五十三次どまんなか”の静岡県袋井市などは一番気合が入ってた場所の一つですが、今では名物「たまごふわふわ」が結構有名になりましたね。
このイベントもはや過去のものとして忘れられようとしていますが、今後も県レベルで各宿場がジョイントしたイベントを仕組んでも良いのではないかと思います。

脇本陣跡近くの平塚本宿郵便局では、風景印をもらいました。
なかなか良いでしょう。「七夕飾りと高麗山(と小さく富士)」の景。
_0003
暑中見舞いにも使えそうな柄です。
このほか平塚本局に行けば「牽牛と織姫」の風景印もあると聞いたのですが、今回は時間が押していたので諦めました。


そして、妙安寺(日蓮宗)さんへ。
Dscn2769_2
ついにコンプ!もとい満願であります♪
この喜びをタワシ持つ手に替え、ゴシゴシ念入りに洗わせてもらいました(笑)。

こちらの担当は大黒天。
Dscn277101
大黒さまは、ご本尊の足もとの辺りに。

遠め目だと分かりにくいので、一部拡大。
Dscn277102
この大黒さんは、ご住職が三度の荒行を成して請来されたお像とのこと。
そういえば、日蓮宗は扱う加持祈祷によって修しなければならない荒行の回数が異なると聞いたことがありますが、大黒さんは三度の行満が要るのでしょうか。
文字通り、血と汗と涙の結晶。ありがたや。
こちらでは、夏のほうろく灸のほか、納め甲子に大黒天の大祭を行っているようです。
私は今まで甲子参り(初めと納め)は毎度東京に行ってましたが、近くの平塚にもあったのですね。

妙安寺は“平塚の鬼子母神”として親しまれていたお寺だそうです。
本堂の写真を見ると、中の本尊よりも脇の鬼子母神像の方が大きくて存在感溢れています。
このお像は、徳川家康の側室・お万の方の持仏であったのを、奥女中の妙安尼(妙安寺の開基)が拝受したもので、それを本尊としたのが妙安寺の創立なのだそうです。

ご朱印は色紙とご朱印帳に頂きました。
朱印帳のご朱印代は不要とのことでしたので、その分と寸志を義援金箱に入れさせて頂きました。

また、授与品で大黒さんの福銭があったので、三嶋神社の恵比須さんと対になるように求めました。
この時は、三嶋神社さんの福銭に大黒さんも入ってるとは知らず、結果ダブル大黒さんを頂くことに。
現在は、三嶋神社さんのは貯金箱に、妙安寺さんのは財布に入れてお守り頂いております。

これにて満願。
色紙を大事にしまい、翌日から始まる七夕祭りの飾り付けなど見物して、平塚を後にしました。
Dscn2839

Dscn2836


そういえばお昼食べるの忘れてました。
今度は、弦斎まつりの頃にでも来るとしましょうか。
Dscn2861

|

« 湘南ひらつか七福神 写真 (中編) | トップページ | 北條氏政氏照墓前祭 »

ご朱印」カテゴリの記事

七福神」カテゴリの記事

コメント

蒼庚斎さま、お久し振りでしたっ(^o^)。
ご来帳ありがとうございましたm(__)m
こちらのブログも長らくご無沙汰でしたが、久々に来て「今月は11月だから、ちょっと先月あたりから見てみよう(^^)」と、10月を押したつもりが……去年のでした!(笑)
何かでも、小田原おでんの話や、あと天狗とか飯綱神とか、それはそれで興味深い話が……大山詣も相模ですよね。ウチわりと近くに阿夫利神社があるんですよ~!海から拾った霊石を相模の阿夫利に持っていく途中、「ここで降ろせ」と神託があって、千葉県で祀ったって言うんですけど(笑)。

で、「去年のだった!」と気付いて、改めて、平塚七福神めぐり。拝見しました~☆ミ
蒼庚斎さまは、平塚に住んでいた事がおありだったんですね(゚.゚)。
何か御朱印の印鑑がスゴイ立派で、羨ましいです~! ウチの方、松戸七福神は朱肉薄いお寺があって、もうちょっと縁起良くバシイィ~ッと押してくれたらいいのにっ(笑)。
七夕に七福神というのは、なるほど、上手く掛け合わせてますよね☆ミ ウチの方も、千葉氏が星の家紋なので、七夕も特別に重んじてはいるようですが、御朱印巡りはお正月なんですよね~。
それにしても、七福神の神様はウチの方と同じです(゚.゚)。猩猩とか吉祥天とかの入ってる七福神も巡ってみたいですけど、殆ど見た事ないです(笑)。
平塚のはお寺と神社が混合なんですねっ(^^)。ウチのは宗派まで揃ってるんですが、やっぱ七福神は習合じゃないと(笑)。
布袋さんて、確かにスキンヘッドなので(笑)、お腹プックリとか、足を投げ出してるとか、大きな袋を持ってるとかじゃないと、お地蔵さんと間違えちゃうかもですねっ。
弁天さんのおられる場所は、池があって赤い鳥居に赤い祠と、やっぱ豪華ですね~(#^.^#)。ウチの方は滝に見立てた水遣りみたいのがあるのにはあるんですが、何とも水がショボくて、銭洗いも今イチなんですよね~(>_<)。。
廃仏は、長らく弁天は祀らなかったとか、あとやはり権現を祀ってたからか、箱根なんか、かなり厳しい目にあったのかな~という感じがしました(^_^;)。。
毘沙門天の神社は古そうですけど、吾妻鏡に乗ってるなら、間違いないですよね。
北条政子の安産祈願の話は、鎌倉武士達が関東じゅうの寺社で行なったんですよね~。千葉氏も熱心に務めたようです(笑)。
しかし山の龍神と海の龍神とは(゚.゚)。さすが相模は龍神の国ですねっ。陰陽揃えて、ちゃんとしてると感心しました!
それに毘沙門天の本地考察など、さすが蒼庚斎さま☆ミ こたつには、思い及びもしませんでしたっ(*o*)!
最後の山車ですか、平塚の七夕飾り付け(桃太郎?)がまたカラフル豪華でした(^O^)!

投稿: こたつ城主 | 2011年11月28日 (月) 18:34

こたつ城主さま

コメントありがとうございます!!
レスもそうですが、更新も遅れがちでして…(汗)
早くサイト復活して、こうした日記スタイルから脱したいです(苦笑)。

ご教示頂いたそちらの阿夫利神社の事、ちょっと興味持ったので検索してみましたら、当初は昔の大山と同じく“石尊権現社”だったのですね。山岳信仰では時々各地に大山石尊権現が勧請されているのを見るのですけど、海沿いでというのは少ないかもですね。まあ、独立峯の大山は相模湾の漁師達に沖から帰る時のランドマークとしても信仰を受けていましたから、漁民系の信仰に結び付いても不思議はないのですけど。

平塚に住んでいたのは、生まれて暫くした後から3歳までなんで、ホンの僅かなんですけどね。内陸部の農村地帯で、近所に乳牛やってるお宅があったりした事など断片的に覚えています。

平塚七福神はできたばかりの霊場だけあって、印刻もハッキリしてました。どうやら各寺社とも同じ印鑑屋さんで印作ったらしく、朱肉も同時に揃いで用意したのかもしれません。
七福神霊場も発足から時間が経つと、サービス維持というか、応対の力の入れ方の差が目立ってきますよね~(笑)。
七福神めぐりの場合、しっかりした印泥押してくれるところもあれば、シャチハタみたいな油性スタンプインクで済まされちゃう場合もあったりで、色紙の仕上がりがバラつくのはよくあると思います。

凝ってる方などは、セルフスタンプする場所では、マイ朱肉を持参して回っている人もいるようです(笑)

猩猩がいる七福神霊場て聞かないですよね~。吉祥天はたまにあるけど…。
あと、七福神じゃないけど、東京十社とか七福いなりなんてのもありますよね。大きな神社やお寺で構成されてるコースは通年受入れしてますが、そうでない所は殆どが正月時期限定のイベントだったりするのも、逆にそそられるといいますか(笑)
来年はどこの七福神巡りにしようかな~

箱根も廃仏は結構やられたみたいです。
仏像仏具類は優品は売り払われ、そのほかは芦ノ湖に沈められたものも多いとか。開祖の満巻上人像だけはさすがに残されていますが。あと、一部の仏像は近所の興福院に保存されています。

でも県下で一番ひどかったのはやはり大山じゃないですかね。あそこは国学系の人々にかなり荒らされてしまったようですし。
今でも大山寺跡地にデーンと阿夫利神社下社があって、塔頭跡地に移転した大山寺は小じんまりとしちゃってるのを見ると、江戸時代の大山詣でで栄えた歴史なんてホントにあったんだろうか、と疑ってしまう程です。

投稿: 蒼庚斎 | 2011年12月 6日 (火) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南ひらつか七福神 写真 (中編) | トップページ | 北條氏政氏照墓前祭 »