« 小田原城天守閣で甲冑展 | トップページ | 実質リメイク決定か? 1stガンダム »

観てきました 『~戦国から近世の甲冑~ 小田原城甲冑展』

先日触れた小田原城天守閣の特別展、昨日行って参りました。
想像してたより見応えあります。
Dscn2432


それにしても、久々の甲冑展展観だったので目が疲れました。
甲冑の説明文って、作品名称からして漢字の羅列なんですよね(笑) 当たり前と言ってはそうなんですが。
でも、有名美術館での展示と違って混雑しない分、一領ごとに細工をじっくり見れるのは嬉しいものです。
(古い展示施設ですので色々と気になる点もありますが)


展示室はもちろん撮影禁止ですので写真はありません。
天守入口のポスターに大きく写っているのが、小田原大久保家伝来の「金小札紫糸威二枚胴童具足」。
“童具足(わらべぐそく)”の名の通り少年用の甲冑。
元禄頃の様式から、小田原藩大久保家四代・忠増か五代・忠方が鎧着初めや元服式に着用したものと推定される、との事。
同じく大久保家伝来の金襴の陣羽織も展示されておりまして、鮮やかでした。

忠増公治世の頃は宝永の富士山噴火で小田原藩領も大きな被害を受けました。後を継いだ忠増公も復興に尽力し、特に火山灰で川床が上がった酒匂川流域の回復に努めています。
今のようなタイミングでこの甲冑が(一時とはいえ)里帰りしてくれたのも何かの因縁でしょうか。


ところで、小田原大久保家ゆかりの甲冑といえば、初代・忠世の揚羽蝶の兜。
『三河物語』等でも記述されていたような気がしますが、コレ現存してるんでしょうかね?
戦前の大久保神社で発行された絵葉書にはしっかりと写真が載っているのですが、今まで一度も見た事がありません。
戦災で焼けたものもあると聞いてはいるのですが…どうなのか。


…話がそれました。展示内容の続きです。
特別展の副題には、“戦国から近世”とありますが、兜鉢や胴丸など、揃いでない物を含めれば鎌倉前期から江戸末期までのものが展示されています。
幾つかは平成13年の小田原鉢展の折にも出してくれたものですが、殆どが初展示だと思います。

個人的には、胴丸&大袖、阿古陀形の筋兜&笠ジコロといった方に惹かれるのですが、当世具足も良いですね。 変わった立物や兜鉢、金物などの細かな細工も見ていて飽きません。

大名家伝来品としては、一度民間に流出した物品という性質上、推定・推認の域から脱せないものが多いのは否めませんが、江戸中期以降のものは由来がはっきりしている物もあります。

前者では、上杉景勝から定景に譲渡された品と推定される甲冑(表紙写真の左上から2番目)、有馬忠頼所用の具足(左上1番目)など。
表紙には載ってませんが、盛岡藩南部家伝来とする南蛮胴具足も。

後者(はっきりしてるもの)では、吉井藩松平家(表紙写真左一番下)や福山藩阿倍家伝来の復古調具足のほか、龍野藩脇坂家の畳具足などがあります。
畳具足といっても、足軽用の物とは全く異なるもので、黒漆に縹糸の威が鮮やかです。
同様に久保田藩佐竹義和の具足も目を惹きました。
こちらは、金小札に薄紅糸威の華やかな腹巻具足。
(同家に伝えられていたのでしょうか)室町や桃山期の部分と新造品を合わせて仕立てられた一領です。


変わり兜もたくさんあります。
象の鼻と耳がついてる物なんてのも。
兜の上でゾウさんの鼻が見事にパオーン。
何でゾウさんなんでしょうね。
徳川吉宗の頃にシャムのゾウが献上されてるので(長崎から江戸まで歩かせたそうです。箱根で一度ダウンしてます)、もしかしてブームに乗っかった一品とか??(笑)
歓喜天(ガネーシャ)さんだったら、キバとか梵字とか仏教的な装飾が付くだろうし。やっぱりゾウさんなんでしょうねー。

関係無いけど、今パンダの毛皮で威した具足なんて作ったら世界中からブーイング食らいそう。

2時ほどかけてじっくり展観させて頂きました。
遠足の小学生が大興奮で騒いでましたが、あまり気になりませんでした。

Dscn2434
せっかく天守に上ったので外を見まわしてみましたが、生憎のどんより空。
吾妻山から湘南平の方には笠雲みたいなのが掛かってました。
局地的な雨だったのかも。

|

« 小田原城天守閣で甲冑展 | トップページ | 実質リメイク決定か? 1stガンダム »

歴史・観光イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田原城天守閣で甲冑展 | トップページ | 実質リメイク決定か? 1stガンダム »