« 道了尊のお御輿、ロマンスカーで新宿へ | トップページ | 『ケンミンショー』沼津の揚げ干物 »

「空海と密教美術」展

地元の真言寺院の掲示板に告知ポスターが貼ってあった。

来年の夏に、東寺の立体曼陀羅の仏像群はじめ、高野山や醍醐寺など本山クラスから、わんさか重文仏像が上野にお出ましになるらしい。
楽しみだな~

てか、こういう時くらい菩提寺(東寺真言宗なので)から“布教活動”として、優待券とかくれたら良いのに。
ご寄進は結構してるのに、向こうからは法事のご案内ハガキくらいしか来ないもんな(苦笑)
知人の坊さんとこはダライラマの日本公演のチケットとか、色々分けるほど回ってきてるみたいだし、本山のイベントだったら尚更回ってきてても良さそうなもん。

さて、愚痴は置いといて、来年は法然上人(円光大師)の800年大遠忌正年だから、浄土宗でも何かしらイベントありそうだ。
円光大師二十五霊場なんかでは、すでに特別印が始まってる模様。

関東では、増上寺所蔵の五百羅漢図(狩野一信・作)が来年3月に江戸東博で公開とのこと。だけど他には余り無さそう。

|

« 道了尊のお御輿、ロマンスカーで新宿へ | トップページ | 『ケンミンショー』沼津の揚げ干物 »

博物館・美術館 展観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道了尊のお御輿、ロマンスカーで新宿へ | トップページ | 『ケンミンショー』沼津の揚げ干物 »