« 北条五代Tシャツ | トップページ | 黒田長成別邸 »

嘉祥食い

過剰食いではありませぬ(笑)

今日16日は「和菓子の日」。
ルーツは諸説あるようですが、平安時代に仁明天皇が6月16日に16の数にちなんだ菓子・餅などを神前に供え、疫病除けを祈り「嘉祥」と改元した事に因む、とするのが一般的なようです。

ただこれはあくまでも宮中の行事。
室町時代に武家で、当時の銭「嘉祥通寶」が「勝ちに通じる」と見立てられ、縁起担ぎの行事とされたのが、江戸時代に民衆にも広まったのだそう。

この日には嘉祥通宝を十六枚用意して菓子を買ったとも言われます。
しかし、本当にそんな古銭を都合良く準備できたんでしょうかね?
菓子屋だって困る気がするのですが…(笑)

この伝統に因んで、全国和菓子協会が昭和54年に「和菓子の日」としたということです。

ここまで書いといてなんですが、実は私が知ったのはつい最近です。ごめんなさい。
この前、京都の和菓子屋さんのサイト巡りをしていて知ったのです。
6月の行事的な和菓子といえば、水無月餅くらいだと思ってました。
和菓子屋の多い京都や東京では、こうした嘉祥菓子を出すお店がいくつもあるようです。
東京赤坂の日枝神社では例祭期間中の神事の一つとして「山王嘉祥祭」が、毎年この日(6月16日)に行なわれ、全国から和菓子屋さんが参拝に訪れるそうです。

このお祭りに興味を感じて幾つかのサイトを検索したところ、参拝した方には嘉祥通宝の三色菓子(餅?)が授与されるようです。
この「嘉祥通宝」、いかにもおめでたい感じで良いです。

17日まで例祭が行われる赤坂日枝神社では、境内で日替わりの嘉祥菓子が接待されるそうです。
お近くの方は一服がてら、無病息災の参拝なさってはいかがでしょう。


さて、とらや(虎屋)さんのような本格的な嘉祥菓子は無理ですが、一般的な「嘉祥まんじゅう」を夕食の惣菜といっしょに買ってきました。

2688404_17777363_107large1
これは、近所のデパートに入ってる花園万頭さんのもの。
地元和菓子屋さんのコーナーも見たのですが、やってるところは無かったようです。
焼印は、和菓子の日を制定した全国和菓子協会のマーク。
お店によっては、嘉祥通宝の焼印を押してるところもあるみたいです。
私もそういうのが欲しかったんですけどね(笑)。
まんじゅうに付いてる「厄除招福」のお札は、赤坂日枝神社でご祈祷してもらったものだそうです。
ぺらぺらのお札ですが、いかにも縁起物の菓子という感じで嬉しくなります。

餡は甘さひかえ目なこしあん。
神棚にお供えし、食後のお茶で美味しくいただきました。

|

« 北条五代Tシャツ | トップページ | 黒田長成別邸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

季節・歳時記的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北条五代Tシャツ | トップページ | 黒田長成別邸 »