« 姫子32歳 | トップページ | 東寺 »

船岡大祭

長期休みも残すところ二日。
当初は姫路から直帰するか、大阪で一泊してお城見物と時期外れの七福神めぐりでもして帰ろうかと思ってましたが、今居てるのは京都(笑)
突然連絡したにも関わらず、お松さんに一日ガイドして頂きました。(大変世話になりました~!)

京都で今日19日に船岡大祭ってのがあると知って、急遽こちらに変更したのでした。
これは船岡山にある建勲神社のお祭りで、祭神の織田信長が京都上洛を果たした日に行われているのだとか。
神事では仕舞・敦盛や胡蝶の舞が奉納され、火縄銃の実演も行われます。
今どき火縄銃の実演はそれほど珍しくないけど、せっかくのタイミングですから。

Dscn4150
実演される火縄銃には、こんなデカイのも。重そう。


で運良く、織田信長の菩提寺である総見院(大徳寺塔頭)の特別公開にもあたっていたので、こちらも併せて見学して来ました。
Dscn4086
こちらには祭りの前、開門の頃に行ったので落ちついて見学できました。
葬儀に使われた織田信長の木像や輿のほか、一門の位牌もありました。
織田信長や戦国大名・織田氏が好きな人には興味尽きない場所かと思います。
個人的には、釣瓶井戸に使われていた織部焼きの滑車に目を惹かれ、とても印象に残りました。
あと説明してくれた方。
分かりやすく色々と説明してくれたのですが、信長や秀吉、堀秀政には「公」を付けて呼んでいたのに、明智光秀は「みつひで」(笑)
まあ、お祀りされてる方や施主を敬称してるだけなのでしょうけど。
一回だけミスって「光秀公」と言いそうになってましたが、見学者は聞こえないフリ(笑)


お昼は「さらさ」という喫茶店で。
0016
もと銭湯だった建物は、外観こそ唐破風のついた昔風銭湯ですが、室内はオリエンタルなタイル張り。
どんな風呂だったんだろ。
食べたのはランチセットですが、美味しかったです。
京都って、カッコいい喫茶店がたくさんありそう。

午後は、気になっていた戦国グッズの店など行ってみたのですが、大した収穫はなし…。
唯一あった北条グッズのトートバッグを買ってきました。


その後、門跡寺院・青蓮院へ。
Dscn4179
国宝の青不動(画像)が特別開帳ということで行ってみました。
仏教美術の本とかでよく見かけるあの青不動さんです。
これがそーかと、護摩堂でじっくりと見させて頂きました。
が、横でお松さんボソッと
「いつものレプリカと同じように見えるんですけど…」
うっ…(汗)
確かに、像なら違いが素人目にも分かりそうだけど、画は…
ましてや照明落とした堂内。
実は私も内心そんな気がしないでもなかった(苦笑)


夕暮れ時にぶらりとした祇園は良い風情。
縁切り神社で有名な金毘羅さんに寄ったら、縁切り祈願の札がドーンとあって驚いた。
Dscn4216

|

« 姫子32歳 | トップページ | 東寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・観光イベント」カテゴリの記事

(寺の)開帳・特別公開・特別行事等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姫子32歳 | トップページ | 東寺 »