« 平成21年初甲子詣で(2) | トップページ | 平成21年初甲子詣で(4) »

平成21年初甲子詣で(3)

それから、清澄白河駅に戻る途中にもう一寺。
阿茶の局の墓があることで有名な雲光院。
ここに寄ったのは、庄司甚右衛門の墓を見たかったから。
お寺の方に聞くと、本堂脇にある墓石の内の一つ。
2009012201_2
よく見れば基壇に庄司墓とありました。

庄司甚右衛門は、旧吉原を開いた人物で、そこの人々から“親父”と敬愛された方。
もと北条浪人だとか云われていますが、まあよく分らないようです。

海音寺潮五郎の『風摩一族』で登場してましたが、他の北条氏もしくは風摩小太郎を扱った小説などでも出ているかもしれません。
墓碑銘は風化や火災で滅しかかってますが、右横にくっきりと「新吉原仲之町施主 箕浦四郎」とありました。
これだけ明らかに後に彫られたものですが、追善供養の折のものでしょうかね。
箕浦というのは、やはり吉原の三浦屋でしょうか。

2009012202_2
山内には満開の冬桜が一本あり、塀越しに枝を伸ばして道行く人を楽しませていました。
2009012203_2

|

« 平成21年初甲子詣で(2) | トップページ | 平成21年初甲子詣で(4) »

神社仏閣・霊場巡礼」カテゴリの記事

季節・歳時記的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成21年初甲子詣で(2) | トップページ | 平成21年初甲子詣で(4) »