« で、出ましたよ~ | トップページ | 胃ケイレン »

大豊作ぢゃ

昨日は祖母宅へ粗大ゴミ(ふとん)の廃棄手伝いに行くつもりでしたが、突如、御所サマと会見する事になりました。
電話がかかってきたのは8時頃だったでしょうか。

池袋で飲み会あけで、そのまま小田原へらん助さんを伴って来られるとの事でした。
らん助さんとはまだお会いした事ありませんでしたが、御所サマのマイミクつながりもありまして最近、戸澤盛安コミュに加えさせて頂きました。そこの管理人さんをされてる方です。

もともと、市のゴミ処理場に午前中に行かなければならなかったので、すでに支度が終わっていた自分。
とりあえず、祖母宅へ行ったのですが、伯母が近所の養老施設に寄付するということになり、ゴミ処理場へ行く必要が無くなりました。

あまりにも早く用事が済んでしまい急にヒマに。

早く来ないかなー、と思いつつ朝グソしてましたら御所サマからメール。
なんか風呂に入りたいご様子。

ロマンスカーで来られたので、その後すぐに会えましたが、小田原駅近くの「万葉の湯」なんて2400円もするのでお勧めしませんでした。
あとは車で行くような郊外型スーパー銭湯とかなんですよね。
まあ、箱根湯本までスグですけど、それは後にしようと。

そして、東海道線で隣駅、早川へ。

今回お二人が来られた目的は、小田原城とか一夜城跡とかではなく、早川の海蔵寺。
ここに、天正18年の小田原合戦で陣没した出羽角館城主・戸澤盛安の墓所が明治時代まであった事はこの日記でも以前書きました。
同じくここに没した堀秀政と共に中興開基となっています。
今は墓石どころか、ここに葬られたという解説版も無いのですが。

盛安という人物への関心の度合い、郷土史のついでに調べた自分とは比べ物になりません。
私の後北条氏への執心的興味と似たようなものが、らん助さんにとっては戸澤盛安であるのかもしれません。
ともかく、故地は全て行きたい調べたい、という。

現地(海蔵寺)は本当に見るものは無いのですが、簡単に寺の歴史や墓地、そこから見渡せる戦国期小田原城の外郭と豊臣方陣場の説明などをさせてもらいました。

ただ、らん助さんは色々と思い沸き起こるもの感じるものがあったらしく、我々は暫くここで時間を過ごしました。

ちなみにご住職はまたもお留守。
ご近所の方に聞けば、「ここの住職さんはね、いつもいねぇんだよ」。
近くの高齢者医療施設を経営をされてるとのことでした。
そりゃ、いつチャイム押しても出ないはずですわな。
手紙等でお話を伺った方が早そうです。


そして、再び小田原駅へ。
定番の城址公園へと思いましたが、やはり徹夜明けはハードなのか、駅近くの喫茶店へ。
御所サマは元気そうで、相変わらずのタフネスぶりでしたが(笑)。
ここでは、らん助さんご持参の資料を拝見させていただき、また興味深いお話を沢山聞かせていただきました。
どれも現地仕込みで貴重な情報ばかり。

その中で興味を引いたのは、次のような一節。
〈…韮山攻めに加わりし後、角館よりの後続来たり、山中に陣す…〉
もしかすると合流云々は韮山の前だったかもしれませんが。

私は今まで、参謀本部編『日本戦史』の「小田原役」にある、
〈遠州吉田にて中村一氏の隊に加えられる〉
という一節。これがどこからの出典かは分かりませんが、自分はここから、戸澤盛安は山中城の合戦で傷を負ったのではないかと想像したりもしたわけです。
中村一氏の部隊は、その配下の渡辺勘兵衛が後年記した『渡辺水庵覚書』にあるように最も損害が出た集団の一つとされていますし、実際の調査でも、渡辺らが攻撃をしかけた(山中城)三の丸木戸口跡付近では多数の銃弾が出土しています。

戸澤盛安もそのような銃創を負って、その後の三ヶ月(旧暦4~7月)におよぶ小田原包囲の間に病を発したのではあるまいか、と。

ですが、韮山攻撃の後に山中城に来ているのであれば、山中城の合戦には直接関わっていない事になるのです。
何故なら、山中と韮山は3月29日に同時に行われているのですから。
でも、そうなると中村一氏の隊にも属した事ではなくなってしまいます。

このように気になる記述ではありますが、韮山へ赴いたのは山中落城後の事ととることもできます。
韮山城攻撃群は織田家臣だった大名が多いですし、戦功よりも所領安堵を目的に少数で来着した奥州勢は、豊臣近臣大名の監視下に置く方が安全のように思えます。

いずれ判別しがたいですが、小田原包囲中の6月に亡くなられております。享年24とも25とも。

豊臣秀吉による全国制覇の仕上げとも言われる小田原合戦。
一夜城の奇策や家康への関東移封提言など、ドラマチックな箇所ばかりが目立ちますが、やはり戦争なのです。

武家から民衆を含めて被害はありますし、地域に大きな勢力を誇り、比較的安定していたといわれる北条氏五代の歴史もここで潰えてしまいました。

敵味方それぞれ色々な立場でこの戦に臨んだ人がいる。
そういう点で、私はこれからも小田原合戦に関わった色々な人を知りたいと思います。


と、またしてもつい自分の妄想に流れてしまいましたが(笑)、喫茶店ではそれほどシリアスに話してはいません。
ただ、久しぶりの歴史談義は楽しく、しばらくは集中力途切れることなくお互い情報交換できたと思います。
後半は、戸澤盛安をもっと知ってもらうにはと、盛安キャラ(笑)やサイトなど、思い描ける可能性を話したり。
私的には、昔の制作飲み会のテンションを思い出すものがあって、眠ってた脳の一部分が活性化したような(笑)、そんな楽しさがありました。


気が付けば4時頃。
もう日帰り温泉には間に合わない。
それにお昼を食べなかったので少し小腹がすいてきた。
軽く書店などをブラっとして、インド料理店で早めの夕食を取りました。
以前自分がバイトしてたトコですけどね。
入ってる店は別のもの。
リニューアルしてから初めて入ったかも。
値段は相変わらずリーズナブルでしたが、メニューが少ない。

20080917b
今回は、バターチキンとシーフード、ベジタブルの三種のカレーとナン、ライス、サラダ、タンダーリチキン1P、シークケバブ1Pがのった「マハラジャセット」。
これで1200円。

味はまあまあ、かな。タンドーリチキンは少々焼きすぎかな。
でも、安いからランチにはまた利用しようかと。
ランチなら、700円前後でカレーとライスもしくはナンのセットが食べられます。


7時頃に小田原駅で解散。
突然の訪問には驚きましたが、多くの情報を得た歴史談義に最後はインド料理と、私的には充実した一期一会でありました。
御所サマ、らん助さん、お眠い中ようこそお出でくださいました~。
またお会いするのを楽しみにしております。m(__)m


20080917a
写真はお土産に頂いたネイガーグッズ。
ネイガーストラップとネイガーチップス「大豊作チップス」(ネイガー・マイ版)。
ご当地グッズはいつ頂いても嬉しいです♪
ありがとうございました。

しかし、ご当地キャラにしては羨ましい程のクオリティ…。
つい、『戦国覇王』から郷土の殿サマ、佐竹義宣公と秋田実季公にお出いただきましたが、負けてるなあ~。

|

« で、出ましたよ~ | トップページ | 胃ケイレン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神社仏閣・霊場巡礼」カテゴリの記事

小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« で、出ましたよ~ | トップページ | 胃ケイレン »