« 胃ケイレン | トップページ | 涼しくなってきました »

道ばた ~マンホール&宝光天子~ in藤沢(辻堂)

先日の御所サマ宅へ行く前、おなじみのマンホール写真を撮っときました。久々の道ばたシリーズです。

20080928aa
まず最初のは市の花「フジ」。
分かりやすくて良いですね(笑)。

20080928ab
そして汚水の方の蓋が、市の木「クロマツ」。
辻堂でも駅近くの市民図書館周辺には結構、風致地区指定されている松林がありました。
住民になじみの植物なのかもしれません。

ちなみに市の鳥は「カワセミ」だそうで、これもイラスト化されてれば、もう少し可愛げのあるマンホールの蓋になったかもしれません。

そして、中心にあるのが、藤沢市の徽章。
市サイトによれば、
「藤沢市のフジを図案化して躍進観光都市を近代的爽快,発展的雄飛の象徴として表現したものである」
とのこと。
昭和25年からの新デザインだそうで、旧徽章がどんなだったかも気になるところです。


3つ目の写真は、胃ケイレンを起こして御所サマ宅からトボトボ駅に向かっている途中で見かけたお寺(の門前の山標)です。

日蓮宗の本立寺といって、なかなか立派な門構えでした。
ついふらっと中を覗きましたら、大黒さんがニッコリした石灯篭がありました。甲子参りに行けなかったので、ちょっとラッキー。

20080928ac
で、気になったのは本堂の額にも記されていた「大寶(宝)光天子」。
大宝光天子って何だ?
軽く拝んできたものの、何だか分からずじまい。

先ほど思い出してウィキってみましたら、なんだ日天のことでした。
なるほど、尊称の一つなのですね。
バラモン教の太陽神スーリヤが仏教に取り入れられた仏尊のようで。
ヒンディー語でまんま太陽ですが、以前バイトしてたインド料理店の名前なのでちょっと嬉しい発見でした。

少しばかり幾つかのページで摘み読みしてみましたら、法華経の行者を守護する三光天子(日天子・月天子・明星天子)の一人ということで、また日蓮の法難の話でも登場するということで、同宗ではかなりポピュラーな仏尊なようですね。
ちなみに本地は観音菩薩。

この仏像の写真でもないものかとカチカチしてましたら、こちらのお寺ページが。雑司が谷のお寺みたい。
http://www.honoji.or.jp/sousou.html
たぶん、真ん中の四臂な如来さんみたいな方が日天子もとい宝光天子なんだと思いますが、なかなかスパークして興味深い仏さんです。

|

« 胃ケイレン | トップページ | 涼しくなってきました »

マンホールの蓋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃ケイレン | トップページ | 涼しくなってきました »