« 特別警戒&封印 | トップページ | お盆です »

北條氏政・氏照墓前祭

暑い日でしたね~。

今日は休みにしてあったのですが、予定が無くなってしまいましたので、お盆前のお手伝いに行って参りました。
(ウチは母方の祖母宅が7月盆)

お盆飾りはすでに伯母が用意してあったので、私は墓地の掃除へ。
調子に乗ってウチのだけでなく一族の他墓も草むしりしてしまったので、汗ダラダラ。
ウチの墓はまめに誰かしらが掃除していますが、後者のお墓は遠方の縁戚なのでやりがいがありました(苦笑)。
雑草ってすぐに伸びてきますねー。

01_3
その後、小田原駅前の北条氏政・氏照両公のお墓へ。
今日は命日(新暦あわせですけどね)ということで、毎年、周りの商店街の方々や遺跡顕彰会の方によって墓前供養祭が行われています。

法要は午後3時半からで、参列者の大半は商店街や常連の年配者の方々でした。
02_2
前は時々、『炎の蜃気楼』ファンの女性参列者もお見かけしましたけどね。今日は居なかったようです。
(私がその作品を知るきっかけとなったのもココでした)

まあ、以前より開始時間が遅くなったし、平日だし、殆ど告知めいたものもしてないから、地元じゃないとなかなか来られんでしょうね。

私も行ける時はなるべく参加するようにしてますが、年によりけり。
晴れてても大風が吹いたり、法要直前までどえらい天気雨が降ったり、変な天気になることがたまにあります。

今年は静かな陽光の下、無事終了しました。

03_2焼香した参列者には全員に「幸せの鈴」。
志納された人にはお返し(お菓子)が手渡されました。

私もささやかながら・・。

お菓子は以前よりグレードアップしてました(笑)。
いや、お返しの中身のことなんて言うべきじゃないけど、肩肘張った法要でもありませんしお許しあれ。

その後、以前駅前にあった書店の社長さんがやられてるギャラリーで少しお話して帰りました。


あ、「幸せの鈴」ですが、これは10年位前からでしょうかね。
ここにお参りに来ると恋が実ったとか、よく分からんのですがいつからかそんな由来を掲げて、自由にお持ち帰りできる鈴が置かれだしたんです。
願いが叶ったら、墓前の柵に返しに来るというのがルールのようです。
結構ぶらさがってますから、律儀にも返しに来る人は少なくない模様。
(今じゃ赤錆びちゃって、少々汚らしくもありますが)

で、無料だったから良かったのか、誰かが口伝したのか、若い女性が寄っていく光景が確かに増えたような気がします。
大方は高校生とか短大生でしょうか。
ついでに、どんな人のお墓かとかも興味持ってもらえれば嬉しい。

以前一度、墓碑に目もくれず鈴だけ持って帰ろうとした女子高生三人組を目にしてしまいましたが、さすがにそれはイカンだろうと。
なるべく穏やかに(笑)、「せっかく来たんだから手を合わせて行きなさいな。その方がご利益あるんじゃないの」と。
オジサンぽいかなーと一瞬迷ったんですけど(笑)。
そしたら、素直に合掌一礼なされて行きましたので、良かった。
その後、史跡オヤジの本分出して、少しだけ(たぶん)氏政・氏照のお話なんかしてしまいましたが・・・(汗)。

もう何年も前の事ですけどねー。
彼女たちの鈴が返されてるといいな。

この墓前祭が終わると、「小田原もお盆だな」という気がします。

|

« 特別警戒&封印 | トップページ | お盆です »

後北条氏関連」カテゴリの記事

季節・歳時記的な」カテゴリの記事

小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特別警戒&封印 | トップページ | お盆です »