« 端午の菓子 | トップページ | レゴ・ガンダム »

道ばた これくしょん マンホール蓋①

唐突ですが、たまにアップしてみます。

多くの自治体マンホールは、地域の歴史や自然景観などをデザインしていて面白いのです。
また、市章や町章のシンボルマークを知るきっかけにもなります。

私は単に金のかからないスタンプ集めみたいな感覚ですが・・・。

01


最初はわが町、小田原市。

イラストになっているのは、酒匂川の渡しの光景です。
背景に箱根の山々と富士山。
川向こうに、小田原城天守と鐘楼(もしくは隅櫓か)と大きな松の木。
渡しは人足6~8人ほどで、大型の輦台(れんだい)を担いでいます。
乗っているのは武家の婦人でしょうか。
歌川広重「東海道五十三次」の小田原をモデルにしていると思われます。

次のはオーソドックスな市章のもの。
相模灘の波頭によって、「市の花」であるウメが描かれています。
ちなみに、五弁の花びらは、市制施行(昭和15年当時)により合併した五つの自治体(小田原町・足柄町・大窪村・早川村・酒匂村の一部)を表すそうです。

02

三枚目は、その複合型というべきでしょうか(笑)。
なぜこんな複雑なことをするのかよく分かりません。

03

|

« 端午の菓子 | トップページ | レゴ・ガンダム »

マンホールの蓋」カテゴリの記事

小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 端午の菓子 | トップページ | レゴ・ガンダム »