« 北條五代祭り(6) | トップページ | 道ばた これくしょん マンホール蓋① »

端午の菓子

01
ズレちまいましたが、今年の端午はこんな感じの和菓子を食べました。

(ちなみに去年は粽)

いずれも近所のデパートに入ってる「源 吉兆庵」のお菓子。
鎌倉にお店があるのでそっちが本店かと思いきや、岡山の会社なのですね。

さすが全国展開してるだけあり、パッケージやお菓子のデザインも魅力的。
ただし、やや高め。

02


菖蒲の包み紙なのが、“菖蒲餅”。
中身は黄色~朱のグラデ鮮やかなようかん。
その中に柚子風味の白餡(求肥)が入ってます。

プリンみたいなのが“綾苺”。
葛ゼリーに酸味ある苺餡が入っています。
季節限定でしたが、夏でも冷やして食べたいかも。

あとは柏餅。
さすがに、こちらは地元の和菓子屋さんで買う作りたての方が美味しかったです。特に餅と餡子。
遠くの工場から送られるタイプだとやはり、上新粉っぽいのに求肥になってしまう。


抹茶でも点てようかとも思いましたが、面倒なのでコーヒーで喰らいました(笑)。

|

« 北條五代祭り(6) | トップページ | 道ばた これくしょん マンホール蓋① »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

季節・歳時記的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北條五代祭り(6) | トップページ | 道ばた これくしょん マンホール蓋① »