« 明けましておめでとうございます!2(平成20年版) | トップページ | 七福神(その1) »

恵方参詣

さてさて、寺社好きの私としては、松の内は結構あちこち出向くのであります(笑)。

元旦の今日は、まず歳神の恩恵を得るべく、恵方詣でに行ってました。
恵方の神さまに初詣に行くと、その年の不幸を避け、幸福を授けると言われています。
旧正月にあたる節分に恵方を向いて、恵方巻きを食べるのもそんなところからきているんでしょうかね。

今年の歳徳神が居ますのは、丙の方。
南南東やや南と言ったところでしょうか。

ウチからその方角ですと、海に至るすぐ手前に小社がひとつ。

さすがに男塾名物「直進行軍」はできません(笑)。

ということで、まずはなるべく直線路をなぞりながらそこに詣でて、その後は、近隣の縁ある神社にお参りするというコースをやってみました。

お昼前に出発したのですが、まだ道路はとても静か。

2011_0061_5

クロガネモチの並木には、真っ赤な実がたくさん下がっていました。
「苦労なく金持ち」とかけて、縁起の良い新春の実だそうですよ。
我が家のセンリョウもムチムチに実っているので、なかなか嬉しい光景です。

この後、小社に出会いました。
地図にも載っていない小さなお社ですが、とても気持ちの良い境内。
ちょうど、恵方の線上でしたので、こちらでお参りをさせて頂きました。

当初行く予定だった、海の近くの小社にも、誘導して頂いた御礼をしたいと思いましたが、住宅が込み合っていて見つかりませんでした。
実は以前に行った事があるので、地図を持っていかなかったのです。
残念。じゃーん!

まあ、次に行った神社に当初の小社の祭神も合祀されてるようでしたので、とりあえずそちらで御礼申しておきましたけどね。

最終的に今日は5か所のお宮に参る事が出来ました。
2011_0201

今年の恵方は海の方だったので、どこも境内も松の木が多かったのが印象的でした。

印象と言えば、どこのお宮でも土地の爺ちゃん達(初詣の世話人さんとかなんでしょうね)の飲み会やってたのもそうでした。
地方なんかはよく、社務所が自治会の公民館を兼ねていたりしますが、そうでない所では神社の拝殿内で飲んだりしているようでした。

私の帰り際、扉が開いて、中から青い顔した爺さんが出て来た時はビックリしましたよ(苦笑)。

コラコラ。
私の後に参拝者が来ていなかったから良かったものの、誰かがサテ参拝という時に、中から青ざめた爺さんがゲー!じゃイカンだろう。恐いよ。

戻したまへ清めたまへ、じゃないんだから。

ま、それだけ童心に帰れる場だというのもあるのだろうけどね。
とりあえず、無理しないでくださいな~。
も・し・や、ご神前で成仏たくらんでませんか~(笑)?

2011_0421

でも、自分らが爺さんになった頃も、地元の神社がそんな存在だったら嬉しいな。

実家に連れて来られた子ども達が公園とかで退屈そうにしてる一方で、そんなお爺ちゃん達の姿が大変印象的だったのでした。

|

« 明けましておめでとうございます!2(平成20年版) | トップページ | 七福神(その1) »

神社仏閣・霊場巡礼」カテゴリの記事

季節・歳時記的な」カテゴリの記事

小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます!2(平成20年版) | トップページ | 七福神(その1) »