« 恵方参詣 | トップページ | 七福神(その2) »

七福神(その1)

2013_0041恵方詣でに続き、今年の正月2日は七福神めぐりをしてまいりました。
地元、小田原の七福神です。
いずれのお寺も過去に行ったことあるのですが、七福神詣でそのものが初めて。

ま、仏滅でしたが、七人もの福神をお参りするのですから、そんなの関係ね~、と(笑)。

やや寒い朝でしたが、午前8時に家を出て、まず最初の巡拝地、久野の潮音寺毘沙門天)へ。
七福神で一番遠い場所にあるお寺なので、小田急線で参ります。

と、ここで最初のミス。
各停に乗らねばならないのに、つい確認せずホームに来ていた電車に乗ったら、あ~っと快速(涙)!
みるみる、目的の駅が遠くなっていく・・・。
そして、新松田駅まで来てしまった。
復元中の新十文字橋が途中で確認できました。

新松田で乗りなおして、ようやく目的の足柄駅へ。
むうぅ、小田原駅の隣駅に行くのに20分以上もかかってしまった。

潮音寺に着いたのが9時過ぎ。
休日の朝という感じで、車の通りも少なく静か。
2012_0091箱根の山を見ながら吸い込む空気も冷たくていい気分です。

毘沙門堂の扉はすでに開けてあって、軒先から拝観できるようになっていました。
真近くまで行けないのが残念ですが、そこそこ像高があるので良く見えました。
2012_0131両脇には、毘沙門天の妃神とされる吉祥天、そして彼らの子(五太子)の代表である善膩師童子(ぜんにしどうじ)が。
後から加えた像なのでしょうが、なんかご利益パワーも強化されそうです(笑)。

庫裏で色紙と御朱印をいただきます。
色紙は小田原七福神会のオリジナル絵入り色紙で、昨年から小田原城天守&七福神の図柄になりました。
小田原オリジナルって感じで、なかなか嬉しいです。
頒布モノも土地柄出てる方がオリジナル度高いし、参拝の意欲が増すというもの。

帰路は、大雄山線の五百羅漢駅から。
足柄駅から徒歩4・5分ほどでしょうか。
途中、五百羅漢の玉宝寺に寄ろうかと思いましたが、まだ始めたばかりに寄り道するのもと思いやめておきました。

次の順拝地は、谷津の福泉寺弁天堂です。
小田原駅の一つ手前、無人の緑町駅で下車します。

|

« 恵方参詣 | トップページ | 七福神(その2) »

神社仏閣・霊場巡礼」カテゴリの記事

ご朱印」カテゴリの記事

季節・歳時記的な」カテゴリの記事

小田原」カテゴリの記事

毘沙門天」カテゴリの記事

七福神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恵方参詣 | トップページ | 七福神(その2) »