« 川越に行ってきました | トップページ | さーたーあんだぎー »

ラッキーの命日

App00041
ラッキー君が亡くなって今年で13年目。
去年の十三回忌はお寺に行けなかったので、今日、手を合わせに行ってきました。

単立の墓ではなく、ペットの共同慰霊塔に埋葬されています。
宗旨とか関係なく、単にウチの近くで動物供養してるお寺というだけだったのですが、こういうのも事業者(祭祀者)の性格が出るんでしょうね。
ここは天台系で、お寺だったので、恐い顔の馬頭観音像が慰霊塔の上に立っています。

まあ、馬頭観音は他ほかでも信仰されてるけど、最近のペットのお墓ってもう少し親しみやすいようなのが多いような気が。
まあ、今さら言っても仕方ないのですが(汗)。

で、その馬頭観音さんにお参りしてから、自宅でラッキーの写真の前に好物のパンをあげたのでした。
こうしてみると、パンやお肉をあげるときに「お手」した肉球や爪の感触が思い出されて懐かしいものです。

タジさんの日記に触発されて、当方もラッキー君の昔の写真をあげてみました。

ちなみに、そのお寺のご住職は、今巷で注目されている某拳闘士一家の滝行とか指導してたんだそうな。今日知ったのですが。

「ラッキー君、元気でやっておるかね。小さい頃は、からかったり当たったりしてごめん。それでも、いつでも良い家族・友達でいてくれて本当にありがとう。結局、病気から救ってあげる事はできなかったけど、私たち家族は今でも君に癒されていますよ。ありがとうね。もう生まれ変わっているのなら、より沢山の幸せに恵まれますように」

|

« 川越に行ってきました | トップページ | さーたーあんだぎー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社仏閣・霊場巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川越に行ってきました | トップページ | さーたーあんだぎー »