« 仲秋名月也 | トップページ | 近江に行って参りました(その1) »

FLAGS OF OUR FATHERS

『父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS)』を先週観てきました。この、硫黄島を舞台にした映画の制作発表がなされたときから、いつも興味を持って楽しみにしていたのであります。なにより、制作が『プライベート・ライアン(SAVING PRIVATE RYAN)』や『バンド・オブ・ブラザーズ(BAND OF BROTHERS)』を手がけたドリームワークス。この発表を知るや「ついに太平洋戦線モノもやるのか!」と、内心発奮したのであります。ただ、『ラスト・サムライ(THE LAST SAMURAI)』のように、またヘンチクリンな日本軍(日本人)にならないかが心配でもありましたが。

観てきた観想としては、率直に言って「大変良くできていた」作品だと思いました。ただ、戦闘シーンはその初期上陸戦闘と擂鉢山付近が主で、以後は時おりの回想シーンが挿入される程度かな。私を含め戦争映画やミリタリーのファンにはそこが少々残念ではありましょう。何せ、前の過去二作は戦闘シーンも戦場ドラマも豊富だったですし。とはいえ、この作品の主筋は、擂鉢山に星条旗を立てた(ある意味ヤラセの)写真で一躍ヒーローと祀り上げられた海兵隊兵士たちの「その後」を描いたもの。そういう点では、今までの作品には少なかった戦場の「兵士の戦争」としての視点が、世論と向き合う「国家の戦争」と対面する状況が映し出されており、アメリカ映画としては新鮮な感じもしたのでした。こういう描き方は、敗戦国の日本やドイツの戦争映画では当たり前のものですが、アメリカではまだ珍しい方ではなかろうかと。特に第二次世界大戦モノとしては。だから、今まで「悪なる敵」として描かれて観るに複雑な気分を禁じ得なかった日本の映画ファンも、素直に受容できた点が多々あったのではと思います。冒頭の「戦争は単純に悪と正義の闘いなどではない」のメッセージがずっと心に残りました。
あと、個人的にはバリー・ペッパー(Barry Pepper)やニール・マクドノー(Neal McDonough)が出演しているのが、前二作と同じ作品世界という感じがして良かったです。ペッパーは、メル・ギブソンの『ワンス・アンド・フォーエバー(WE WERE SOLDIERS)』にも出ていましたが、早くも戦争映画に良く似合う俳優と目されていそう。

で、期待していた戦闘シーンはやはり素晴らしい出来。上陸作戦を描いたモノとしては『プライベート・ライアン』に並ぶ作品になるでしょう。個人的に印象に残ったシーンは、まず東京ローズの色っぽい欺瞞放送(笑)。確か『シン・レッド・ライン(THE THIN RED LINE)』でも少し流れていたと思いますが、本作の方が上手な使い方をしていると思いました。上陸前の大船団や、その中を飛び交うコルセアの爆音、そして上陸を前に高揚する海兵隊兵士らの姿は、大きな戦闘が始まるという緊張感を盛り上げます。そして、誤って海に落ちた一人の兵士の姿がその後の不安を予感させたり(もしかしたら彼はラッキーだったのかもしれない。もし、後続の船に拾われて生存していたとしたら)。上陸後の暫くの沈黙と、突然の大規模な集中砲火。まるで交響曲のよう。アイスランドで撮影されたとありますが、火山灰砂の黒さや軽さがリアルです。大規模な艦砲射撃、戦闘機のコクピット視点からの機銃掃射(とロケット弾)、LVT(水陸両用車)などは、『プライベート・ライアン』では登場しなかったと思うので、マニア視点からは新鮮。日本兵は、夜間の斬り込みと擂鉢山山頂付近での銃撃戦以外では、殆ど顔や姿は見えず。これは、巧みに隠蔽されていた日本軍陣地の表現であったり、見ない敵としての不気味さであったり、今作は米軍側の「硫黄島」であるから余計な描写はいらない、などが判断されたのでありましょうか。私は、結果的にそれで良かったと思います。それでも、上陸部隊に集中砲火を浴びせる日本軍の火砲のシーンはかなり激しく描かれています。擂鉢山陣地からの砲撃や、ブッシュ内のトーチカ(兼地下壕)からの銃撃は凄まじいです。実際のところ、上陸予定地区の海岸付近や擂鉢山の砲陣地などは事前の空襲や艦砲射撃で約半数が壊滅状態だったそうで。何せ、島の姿が変わったといわれるほどの火砲が打ち込まれています。それでも、地下壕のおかげで見かけほど人員の損耗は大きくなかったとか。映画でも、トーチカに手榴弾を投込んで爆発させても重機関銃(92式?)が打ち続いていたりするシーンなどがありました(壕内の奥から別の銃主が出て代わったのだろう)。また、手榴弾自決した日本兵の無残に損壊した死体なども、実際の証言などを元にしていると思われますです。

 本作の冷静な姿勢は次回作(というか二部作の後編)『硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)』にも現れていることを期待しています。予告編の内容からすると、同島を守備していた最高司令官の小笠原兵団長、栗林忠通中将(渡辺謙)が主役のようであります。日本では「日本から見た硫黄島」と大きく宣伝されていますが、アメリカの戦争映画ファンなどは、今作(『父親たちの星条旗』)を序章とし、次作の『硫黄島からの手紙』がハイライト的な戦争映画となるのを期待しているのではないでしょうかね。やはり二部作だと、後半に色々な期待を寄せてしまうと思います。ただ、イーストウッド監督の作品であるので、私などはかなり静かな作品となるのではないかと予想していたりも。でも、期待しています(笑)。
 前勉強で読んで良いと思ったのが、堀江芳孝氏の著作。同氏は元小笠原兵団の参謀を勤めた陸軍少佐。硫黄島の戦いが始まる前に父島に連絡役として配置換えされました。戦後は英語を生かして米軍通訳や、硫黄島戦史の講義をワシントンや在日米軍基地などで行なっているようです。それだけに、日米両側の硫黄島戦史に通じており、また栗林中将との会話や司令部での研究会の模様など、当事者ならではの内容が大変興味深いものです。

|

« 仲秋名月也 | トップページ | 近江に行って参りました(その1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仲秋名月也 | トップページ | 近江に行って参りました(その1) »